ご挨拶
ご挨拶

ご挨拶

南 良武

医療法人桐葉会 理事長の南です。

私たちは、昭和38年8月の開院以来(創設者・故 横井喜治郎)、これまでで50年間にわたり、病院や診療所を通じて、『こころのケア』を行ってまいりました。

木島病院の創設は、日本が高度成長へと突入し、精神科病院が増設された時期でもありました。その後、様々な変遷を経て、現在の形となったわけでありますが、半世紀の経過とともに、精神科医療は、「入院中心から地域へと、精神障害者が地域で暮らしていける社会を作ろう・・・」へと変わりつつあります。

時代とともに、経営も見直しを行っていかなければならないわけでありますが、先に示したようなこのような不安な時代の中での変革は、きわめて難しいものであると感じています。

一方では超少子化が進み、超高齢化が進む中、我が国の社会保障制度が根幹から揺らごうとしている時代でもあります。はたして病院がどのようにして生き残っていくべきか・・・、先が読めない時代へと突入しています。

このような厳しい状況下で、職員が一致団結し、同じ行動をとれるような組織を作り上げていきたいと考えております。

このような中、平成20年6月には、貝塚市内において、心療内科『さくらクリニック』を開院し、さらに、平成26年4月には大阪市北区において『中之島フェスティバルタワー・さくらクリニック』を開院するに至りました。

ここでは、『うつ病やストレス関連疾患』『メンタル不調』に陥った会社で働く、ビジネスマンやOLの皆様方のメンタルケアをサポートしてまいりたいと考えています。

治療は、薬物療法のほか、認知行動療法を用いた復職支援・職場復帰プログラム(リワークプログラム)をデイケアで展開してまいりたいと考えています。

大学医学部や、産業保険の先生方とも連携し、最新の知識で質の高い医療を提供してまいりたいと考えています。

皆様方には、ご協力、ご支援くださいますよう平身よりお願い申し上げます。

理事長 南 良武
MINAMI YOSHITAKE