教育研修
教育研修

一人ひとりが輝いていくために
個々が成長できる教育プログラムを用意しています。

入職後の新人教育としてプリセプター制度を導入し、新卒の方や子育てなどから職場復帰をされる方にも個々に応じたプログラムでレベルアップが図れます。また、プリセプター制度終了後は、スキルアップのための精神科専門の医療・看護教育だけでなく、医療安全、院内感染や人権擁護、またハラスメントなどの研修も充実しており、さらなるレベルアップの為の院外研修制度への参加や精神科認定制度における資格取得も可能です。

看護・介護教育理念

看護理念に基づいた看護の実践者として、各個人の能力が発揮できるよう教育環境を整え、また、専門職業人として自己啓発に努め、質の高い精神科看護を実践できる人材育成を図る。

看護・介護教育方針

  1. 患者中心のケアを実践できる看護師の育成
  2. 精神科における専門的知識と看護技術、判断力に優れた看護師の育成
  3. 新しい看護を創造できる看護師の育成
  4. コミュニケーション能力の優れた看護師の育成
  5. 主体的に学び自己研鑽できる看護師の育成

看護・介護教育は、看護・介護教育委員会が中心となり、教育理念や教育方針に基づき年間計画を立案し実践しています。主な研修及び研修制度は以下の通りです。

プリセプター制度

中堅ナース(プリセプター)が、新人職員(プリセプティ)に対してマンツーマンですので、個々のレベルに合わせた指導を行います。さらにメンタル的な相談相手となり新しい環境に適応できるよう指導します。また、6ヶ月後、1年後にはグループワーク等も行い、この制度が円滑に行えるようフォローアップしていきます。中途採用の方でも入職後まもなく、この制度を利用した教育を受けることができます。

プリセプター(指導者)研修

卒後、3~5年を対象として、プリセプター制度のプリセプターとして、新人職員の指導にあたります。このことにより、自己のスキルアップにつなげます。その為の指導者研修やフォローアップ研修を行っています。

精神科基礎研修

精神科の経験が無い方でも、精神科疾患や看護、それに薬物療法なども含めた専門知識の基礎を学ぶ事ができます。また、医療安全や院内感染対策、褥瘡予防、人権擁護などの研修も年間計画に基づき行っています。

看護過程研修(看護診断・フォーカスチャーティング研修)

看護診断やフォーカスチャーティングの未経験の方は、基礎研修である「Ⅰ」を最初に学びます。基礎を習得した方は、応用編である「Ⅱ」に進み、指導者育成レベルである「Ⅲ」へとレベルアップも可能です。

看護研究

看護研究チームに参加し、研究の基礎から発表に至るまでを実践しながら学ぶ事ができます。

院外研修

指導者養成や看護師上級者研修など、院内研修から更なるスキルアップの為の研修への参加をサポートします。

精神科専門認定制度

専門看護師としての認定取得が可能です。その為の研修会への参加もサポートします。