精神科救急医療
精神科救急医療

精神科救急医療

救急告知病院

大阪府より平成5年2月認可。

指定病院

大阪府より平成11年4月認可。厚生労働大臣が定める指定病院の基準を有し、措置患者様の入院を受け入れることができる病院。

応急入院指定病院

大阪府より平成14年4月認可。

大阪府では、大阪府・大阪市が協力し精神救急医療体制を構築しています。これは大阪府域(大阪市内を含む)で夜間休日に精神疾患の急激な発症、憎悪などのため精神救急医療を必要とし、かかりつけの医療機関では対応できないなど、適切な医療を受けられない精神障害者を対象とし、大阪精神科救急医療情報センターから紹介・連絡を受けた精神障害者を対象とし拠点病院が入院受入を行うものです。当院は拠点病院としてこの精神科救急医療システムに参画しており、病床確保のために病院全体のベッドコントロールを毎朝、医師、救急看護、PSW等で協議を行い、後送システムを利用して協力病院に後送し、救急ベッドの確保に努めています。精神科救急医療システム実績(9月1日~3月31日)として、入院対応937件のうち当院では152件入院対応し、任意入院75件・医療保護入院73件・応急入院4件外来受診のみ37件という実績を残す事が出来ました。

救急医療システムの流れ

救急医療システムの流れ