職員からのメッセージ
職員からのメッセージ

職員からのメッセージ

西村 隆宏

西村 隆宏(副院長)

当木島病院は昨年開設50周年を迎え、開設時の44床から492床と事業を拡大しております。巨大で、歴史に縛られた組織と思われてしまうかもしれませんが、平成26年4月より大阪市内に関連のクリニックを開設し、認知行動療法やリワークプログラムを進めていることが決まっています。その点で、在宅医療を促進するという事に邁進している若い施設であるという事が木島病院の魅力であると考えております。


神藤 智寛

神藤 智寛(ミドルマネージャー)

狭義の調剤という点において自動分包機が活躍する今日、私たち病院薬剤師の業務内容は、患者さまを中心としたチーム医療に加わり、remisson・recoveryを目指した薬学的アプローチを行うことに遷り変わってきています。
当薬局では具体的に、
●診療録や看護記録などから患者さまの病態・症状・状態・アドヒアランス情報をモニタリングし、より良い処方設計を提案させて頂くこと
●それらを円滑に行えるようにするために、各種委員会やカンファレンスなどで日頃から他職種と積極的にコミュニケーションをとり、治療観を共有すること
この2つを重点項目として業務に従事・指導に取り組んでいます。
また、それらを通じて精神疾患の病態・薬理・薬物療法や、薬剤師としての働き方・組織の一員としての動き方もしっかり学べる環境を整えています。


平丸 佐和子

平丸 佐和子(看護師)

病棟グループから外来グループに配属が変わり、仕事をして2年が経過しました。外来は、入院治療への窓口であるという点では、医師の診察を介助するだけでなく、入院治療が必要とならないように援助をするという事ができる場でもあります。患者様が何気なく掛けてくれる声などから、デイケア、訪問看護などのスタッフと連携して、在宅医療を支援していければと考えております。


鈴木 博美

鈴木 博美(看護師)

一般科病院を結婚を機に退職し、定時で帰れ残業もほぼなく家庭と仕事を両立できる当院に転職し、急性期病棟に配属され4年目となりました。入職当初から今もなお、精神疾患のある患者様の対応に正解は見出せず日々試行錯誤しています。何でも話せ、理解ある上司や仲間に囲まれ居心地よく仕事が出来ています。