コミュニティ・アクア(グループホーム)
コミュニティ・アクア(グループホーム)

必要な支援を行いながら地域生活をサポートします。

コミュニティ・アクアとは

精神障がい者の日常生活を援助することにより、自立生活を助長することを目的とした施設です(共同生活援助事業所)。
コミュニティ・アクアでは、障がいがある人の「住まい」を確保し、2~3名での共同生活を支援しています。
各利用者には個室を提供し、キッチン、お風呂などは各住居の共同スペースとなっています。日常生活の様々な助言や指導、健康管理は、専従の世話人が行っています。

コミュニティ・アクアの概要

コミュニティ・アクア
 

  • 開設日:平成12年10月1日
  • 住 所:貝塚市森857番地
  • 定 員:6名(2名1室×3室)
コミュニティ・アクア

コミュニティ・アクア
 森

  • 開設日:平成19年5月1日
  • 住 所:貝塚市森住宅
  • 定 員:12名(3名1室×4室)
コミュニティ・アクア 森

コミュニティ・アクア
 三ツ松

  • 開設日:平成19年5月1日
  • 住 所:貝塚市三ツ松
  • 定 員:6名(3名1室×2室)
コミュニティ・アクア 三ツ松

入居対象となる方

社会復帰を希望される、次の項目に該当する方です。

  1. 日常生活上の援助を必要とされる方。
  2. ある程度の自活能力があり、数人で共同生活ができること。
  3. 社会資源(デイケア・授産施設など)を利用されていること。
  4. グループホームでの生活費用(家賃等)を支払える収入があること。
  5. 通院、服薬をされていること。

世話人からの援助について

世話人は入居者に対して次のような日常生活の相談および援助等を行います。

  1. 日常生活(食事・洗濯・掃除・服薬など)の援助。
  2. 対人関係や地域生活での援助。
  3. 金銭管理や計画的な消費の助言。
  4. 自立に向けての援助。
  5. 緊急時の対応施設等への連絡。

ご利用費用について

各棟によって家賃・共益費が異なりますので、担当職員にお尋ねください。

リースについて

グループホームへの入所時、出来るだけ個人の負担を少なくするために、生活に必要とされる家電製品一式(洗濯機、冷蔵庫、テレビなど)をリースできるよう準備しております。

ご利用申込方法について

申し込み方法 主治医にご相談の上、木島病院の医療相談窓口、または保健所へ申し出てください。主治医の意見書・障害区分認定証等が必要となります。
入居手続き 入居が決定されましたら、契約書を提出していただきます。
利用期間 原則として2年とし、契約を更新します。